グロサリー部門

グロサリー部門のここが面白い!

スーパーマーケットの部署の中では、一番催事が多い部門です。ハロウィン、クリスマス、節分、ひなまつり、バレンタイン、ホワイトデーと、秋から冬にかけては目白押しです。生鮮部門と違い、調理や商品加工はありません。基本的には入荷した商品を陳列するだけですが、商品の価値が最大限生かせるよう陳列什器を使用したりなどさまざまな工夫を行います。売場の良し悪しは、自分のセンス次第! 入社してから様々な基礎知識や陳列技術を学び、自分なりのオリジナルな売場・催事場が出来るようになった時の達成感は半端じゃありません。生物や包丁が苦手な方は是非お待ちしてます!

グロサリー部門のここが大変!

9月から始まる、ハロウィンのお菓子の陳列ですが、年々需要が増えてきて、数も種類も多くなってきてます。ある年、売場を作る際に、商品をまとめて一括で入荷させたら、なんと!!! ハロウィンのお菓子が、トラック1台やってきました。仕分け、検品するだけでも、半日かかり、作業が終わらないと、途方に暮れておりましたが、部下やパートナーさんの協力を得て、なんとか無事完成!自分1人では、どうする事も出来なかったけど、改めて周りの皆さんに、感謝する1日でした。

グロサリー部門の特徴

スーパーマーケットのお店の中で、売場が1番広い部門です。チーフの売場計画や構成方法を変更するだけで、お店の雰囲気が変わってきます。どんなお店になるかを決める、役割の高い部門になっております。また、売上高の構成比も高いです。基本的には、全体の3割以上を占めており、お店の売上に対する、影響力が1番大きい部門です。グロサリー部門のチーフ次第で、お店の売上高が変動するので、責任は重大です。ただ、お店・会社に貢献できる部分も一番大きいので、やりがいはめちゃめちゃあります。

グロサリー部門の仕事内容

大きいな店舗のチーフになると、数十人の部下・パートナーさん達を受け持ちます。催事品や特売品をチーフが並べる事もありますが、定番の商品を並べる事はほとんどなく、基本的な作業は指示出し・仕分けなど「縁の下力持ち的な役割」が主です。そして一番大事なのは計画です。商品を陳列するにしても、生鮮部門と違い当日に販売する商品を当日に並べる訳でなく前日や2日前に陳列します。売場全体をセクション別に分け、1週間の人員配置を確認しながら発注・陳列計画を組み効率良く、品切れしないように売場に商品を並べていくのをコントロールする事がメインの仕事です。催事商品も季節感を先取りするような売場計画を心掛けています。

ある日の1日

9:00 出社

昨日の売上や様々なデータの確認・品出しなどオープンに向けての様々な準備。

10:30 商品のピッキング

ピッキングと呼ばれる品出し作業。商品を取り出していきます。

11:00 発注作業

売り場をチェックしながら発注作業をしていきます。

12:00 品出し・陳列準備

季節ものなどのスポット商品の品出しや陳列準備をします。

13:30 休憩

1時間の休憩時間です。

16:00 事務作業

本部からのメールチェックなど事務作業をこなします。

17:00 アルバイトへの引き継ぎ

この後の仕事について、アルバイトの方とミーティングをします。

17:30 退社

退勤後、仲間や学生時代の友達と飲み会など余暇をすごします。

ページトップ

Copyright © SUPER ALPS. All Rights Reserved.