04

自分がやりたいことを表現できるのが
バイヤーの魅力です。

海産バイヤー 藤田さん

平成12年入社

Q1. バイヤーとしての仕事内容は?

A1. 海産バイヤーは月6~8回ほど、まだ薄暗い朝4時頃から築地市場へ行き、その日店舗に入荷する商品(鮮魚)や翌日の仕入れ商品の確認をおこなっています。その他にも鮮魚・刺身・塩干など、各担当でチラシに掲載する商品の選定などをおこない、価格交渉をおこなっています。そして商品開発などもしていますよ。

Q2. バイヤーとして成功・失敗経験は?

A2. バイヤーに成り立ての頃は、右も左も分からず多くの失敗を重ねてきました。価格のつけ方ひとつで商品を多く余らせてしまい、売り切ることが大変だったこともありました。しかし、そういった経験の1つ1つが自分の糧となり、今では新商品開発などで「簡単にできる!パエリア・ブイヤベースセット」を生み出したりと、失敗を恐れずチャレンジすることの大切さを学びました。今後も精進していきます。

Q3. バイヤーのやりがいは?

A3. 自分がやりたいことを表現できることです。自分が美味しい!と思った商品が売れた時の喜びは感無量です。結果が伴わなかった時でも売る努力は惜しみません。お客様に良い商品を買っていただきたい!という気持ちを常に忘れず、いい商品がないかアンテナを張り巡らせながら模索する毎日です。

ページトップ

Copyright © SUPER ALPS. All Rights Reserved.