日配部門

日配部門のここが面白い!

部門配属後すぐに、発注を任せてもらえる部門です。スーパーマーケットにおいて「発注」は扇の要にあたります。とても奥が深く重要な業務でもありますが、やりがいでもあります。自分が発注した商品をお客様に買って頂ける瞬間が、一番嬉しい時です。発注をする事は売場作りに一番重要な業務です。その喜びを一早く経験出来るのは大きな励みになります。

日配部門のここが大変!

日配部門に属する社員数が少ない事もあり、部門の責任者になる時期が他部門より早いです。チーフの下で経験値を積む期間が短い事が大変だと感じます。初めて自分一人で部門運営することになった時が、私が入社してから一番キツかったなと今でも思います。

日配部門の特徴

賞味期限・消費期限が短い商品の取り扱いが多いです。日配部門において「鮮度」=「賞味期限・消費期限」にあたります。日付さえ確認すれば誰でも簡単に解ってしまいます。売場全体の鮮度が良い状態を保つ事が大切です。その為には「適正な発注」が不可欠となります。

日配部門の仕事内容

日配部門の仕事内容は、主に特徴でもある商品の発注作業です。その発注に合わせて売場づくりなどを行います。チラシに掲載される商品の納品量は事前に決めるため、販売数量を予測して納品数の計画を立てます。朝一の納品量がとても多いので、店舗の開店までに商品を陳列する業務などもあります。社員が少ない部門なのでパートナーさん達との連携をしっかり図ります。部門内でミーティングなどを実施し、常に情報共有をしています。

ある日の1日

7:00 出社

昨日の売上や様々なデータの確認・品出しなどオープンに向けての様々な準備。

8:30 品出し

商品の品質チェックをしながら陳列していきます。

10:00 発注作業

売り場をチェックしながら発注作業をしていきます。

12:30 休憩

1時間の休憩時間です。

16:30 売り場チェック

売り場の商品のチェックと明日の準備をします。

13:30 事務作業

本部からのメールチェックなど事務作業をこなします。

17:00 アルバイトへの引き継ぎ

この後の仕事について、アルバイトの方とミーティングをします。

17:30 退社

退勤後、仲間や学生時代の友達と飲み会など余暇をすごします。

ページトップ

Copyright © SUPER ALPS. All Rights Reserved.